10万円~「目立たない入れ歯(ノンクラスプ)」|柳瀬川駅前歯科クリニック|土日祝も診療|志木市の歯医者

048-471-1111

柳瀬川駅徒歩30秒
ーサミットのビル3Fー

〒353-0006 埼玉県志木市館2-5-2

24時間WEB予約
メール相談

メイン画像

金属のバネがなく
「目立ちにくい」入れ歯
10万円~

金属の「バネがない」審美入れ歯/通常よりも「壊れにくい」 10万円〜

金属のバネが見えるのが嫌な方にお勧めしているのが金属のバネを利用せずに入れ歯を安定させるノンクラスプデンチャーです。金属のバネ部分を、歯茎に近い色の樹脂で作ることで目立ちづらくしています。

下記の画像が入れ歯の装着前と装着後の症例となります。

  • 治療前
  • 治療後

価格は約10万円。
リスクとしては、過度の衝撃で
割れることがあります。

このノンクラスプデンチャーには、外れやすい・壊れやすいという欠点がありました。そのため、当院では次のようなオプションをご用意しています。

「ノンクラスプデンチャー+シリコン」

「ノンクラスプデンチャー+シリコン」とは、ノンクラスプデンチャーの裏側にシリコンを貼り付けたものです。シリコンは、ゴムのように軟らかく弾力のある素材ですので、これをオプションとしてつけていただくことで次のようなメリットがあります。

  • 歯茎の痛みを抑えられる
  • シリコンが痛みを軽減するので、硬いものを噛むことができる
  • 他の入れ歯よりも外れにくい(シリコンの吸着性による)

これまで利用されてきた入れ歯が「痛い」「すぐに外れてしまう」「物をしっかり噛めない」という方にオススメのオプションとなります。

「ノンクラスプデンチャー+金属」

「ノンクラスプデンチャー+金属」は、金属で補強し、たわみを減らしたものです。金属は体に優しい「チタン」や「コバルトクロム」を利用します。
次のようなメリットがあります。

  • 普通のノンクラスプデンチャーよりも安定するため噛みやすい
  • 金属を利用するためより薄く作ることができ違和感が少ない
  • 熱を伝えるため食事が美味しく感じる

しかし、「金属」を利用するため、下記のようなデメリットも存在します。

  • 金属を利用するためノンクラスプデンチャーのメリットである柔らかさは軽減される
  • 金属を利用するため重量感がある

入れ歯製作に「圧倒的な自信」があります。その「根拠」をお伝えします

「ガタガタして安定しない、噛むたびに浮き上がったり、外れたりする」
「入れ歯が歯肉に当たって、痛くて噛めない」
「食べたものが入れ歯の中に入ってしまう」
「何回調整しても入れ歯が合わない、何個作っても入れ歯がしっくりこない」
「軟らかいものしか食べられない」

ドクター

このような悩みを抱えて当院に来られる患者様が多くいらっしゃいます。
皆様、相当悩んでいることがこちらにも痛いほど伝わってきます。
冒頭でもお伝えしましたが、「入れ歯が合っていない」ので様々な問題が生じます。
つまり、「合う入れ歯」を製作することで入れ歯の問題の多くは解消できます。
それではどのように入れ歯に関わることで「あなたに合った入れ歯」が製作できるかをご紹介いたします。

Point1経験と実績に基づいた的確な判断

治療風景

入れ歯には製作するための様々な「理論」があります。
その理論に基づき入れ歯を製作することで「一時的な」一定のクオリティは担保できます。

しかし、お口の状態は年齢と共に、もしくは噛み合わせ、歯並び、舌・頬の筋肉の状態により、刻一刻と変化しています。つまり、理論だけでは解決できないことも多く、知識・経験に基づく柔軟な判断が非常に大切になります。
このことを術者側が強く認識していなければなりません。

合わない入れ歯が出来上がってしまうのは、まず術者側のこの部分の認識の違いがあります。理論も大切ですが、「人のお口の状態は変化する」。これを基本に置き、事前に変化を予想した上で入れ歯の設計等を考えること。これがプロとしての姿勢と私は考えます。

柔軟な判断はこれまで蓄積された「経験」からしか生み出されません。
基本と応用、そして各種理論をしっかり把握した上で、初めて、患者様の状態に応じた適切な判断・行動が可能になります。

Point2難しい症例においては、入れ歯セット後の「精密な調整」

一生懸命製作した新しい入れ歯でも、小さな入れ歯や、入れ歯の両側に天然歯があり、しっかりとバネがかかっている入れ歯などは装着時の調整はあまり必要ありませんが、そうではない難症例の場合は時間をかけてしっかりと調整していきます。
調整は主に「噛み合わせ」を重点に行っていきます。

難症例ほど、しっくりくるまで慎重な
「噛み合わせ調整」が必要

お口の中に入れ歯を付けると、物をぐっと噛んだ時、歯は20μ(1000分の20mm)ほど沈みます。歯茎の方は、普通の歯茎では200μ(1000分の200mm)、柔らかい歯茎では2mmも沈みます。

治療風景2

専門的な話をしてしまいましたが、ここでお伝えしたいことは、物を噛んだ時、歯と歯茎にかかる力はお口全体に均一な力がかかるわけではないということです。

力がどこか一部に集中してしまうと、痛い、外れるという症状や、一部の歯に力がかかりすぎることで、その歯が噛むたびに揺さぶられ、グラグラしてきてしまうということが起きます。

この調整が完了することで、左右全体が均等に噛みやすいようになり、顎の動き、運動もスムーズにできるようになります。ここまで来て、初めて入れ歯の本来の機能を発揮できるようになります。

Point3口元の美しさも調整し、「あなたらしい美しさ」を表現します

歯は皆様が思われているよりも「個性」があり、その方にあった「形態・色」が存在します。そして、その個性を表現することで、あなたの理想の口元に可能な限り近づけることができます。
分かりやすい例として「歯の形態」の違いによる印象の変化をご紹介します。

ナチュラル型

ナチュラル型

日本人に多いタイプで、前歯の先端が直線上にある歯とない歯とが混在している自然な歯並びです。口を小さく見せる効果もあり、若々しい印象を与えます。

ストレート型

ストレート型

白人に多いタイプの歯並びで、前歯の先端がすべて直線上にあるので、口元をくっきりと強調することができます。

クローズ型

クローズ型

日本人の女優さんに多いタイプの歯並びです。前歯の先端はすべて直線上にありますが歯と歯に多少の重なりがあることが特徴です。女性的な印象をもっと強調したいという人に向いていると言われます。

スマイルライン型

スマイルライン型

下唇のラインと前歯のラインが平行になっているのが特徴です。
世界的に好まれる並びで、ハリウッドスマイルとも呼ばれています。

このように「歯の形態」の微妙な違いによって、その人の印象を変えてしまうことがあります。また、色も、お洋服と同じように人によって似合う色、似合わない色が存在します。その方に適した配色にすることで目や肌を美しく見せることができます。
当院では、患者様一人一人に話を聞きながら、その方の希望、そして個性をしっかりと把握し、入れ歯を作製しています。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えているお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。 ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

〒353-0006
埼玉県志木市館2-5-2

048-471-1111

  • 24時間WEB予約
  • メール相談

このページの先頭に戻る